競馬界を揺るがす衝撃波ディープインパクト

2004年12月19日、阪神競馬場で衝撃の競走馬がデビューした。

その名は、ディープインパクト。

宙に浮くようなバネの力で進んでいく走法は、明らかに今までに見たことのないパフォーマンスだと誰の眼にも分かるほど明らかだった。

この馬は三冠を獲る。ようやく現れた大種牡馬サンデーサイレンスの三冠馬候補は、その大きな期待をさらに上回るパフォーマンスで予定通りと言わんばかりに三冠を達成してみせた。

その衝撃は海外まで届かせることはできなかったが、今度は種牡馬として産駒たちに叶わなかった夢を託す。